キャバクラより高級クラブがおすすめ!高級クラブの副業を勧める理由

OLが高級クラブで副業する

高級クラブでの副業はキャバクラよりおすすめ

今OLたちの中で流行っている“副業ナイトワーク”。

一言でナイトワークと言っても、その業種は様々です。ガールズバーやキャバクラのキャスト、クラブのホステス、スナックのホステスもナイトワークです。

たくさんの女性向けのナイトワークがある中で、何が一番いいのでしょうか?

私がおすすめしたいのは、クラブのホステス。中でも、高級店で働くことをおすすめしたいです!

「高級店なんてちょっと怖い…」「クラブってギスギスしてそう…」

そんなふうに思って一歩踏み出す勇気がなかった方も、これさえ読めば「高級クラブで働きたい!」と心変わりすること間違いない!かも?(笑)

おすすめする理由

早速ですが…なぜ、私がここまで高級クラブにこだわるのか?

昼間はOL、夜は銀座のクラブ勤務の私が、副業ホステスとして働くうえで高級クラブをおすすめする理由について説明していこうと思います。

高級クラブをおすすめする理由はたくさんありますが、今回はその中でも厳選して、3つのおすすめ理由を説明していきますね!

①キャバクラより客層が良い

1つめのおすすめ理由は、客層についてです!

キャバクラとは比べ物にならないほど客層が良いというのが、高級クラブの特徴です。

たとえばキャバクラの場合、高級クラブよりも低料金で利用できるため、本当にさまざまなお客さんが来店します。

  • 少ないお小遣いで楽しもうと、女の子のドリンク代も出さないケチな客
  • 無理やりシャンパンを一気させるようなガラの悪い客
  • お触りが激しい下心見え見えな客

キャバクラはしっとり飲む落ち着いた雰囲気というよりも、わいわい賑やかに盛り上がるようなお店が多いので、どうしてもそういうお客さんが集まりやすいんです。

でもクラブは違います!

来店するお客さんは社会的に成功している紳士的な男性が多く、そういう方たちはお酒の飲み方も汚くはありません。つまり、無理やり飲めないお酒を一気させたり騒ぎまくったりすることはないということです!

それどころか、お酒が苦手な女の子には、ノンアルコールをおすすめしてくれたり…フードを勧めてくれたり…本当に優しいお客さんが多いんですよ。そのため、こちらも楽しく接客できちゃうんです!

②高級店が多いため単価が高くて稼げる

2つめのおすすめの理由は、何と言っても稼げることです♪

高級クラブの場合、お客さんは座るだけで5万円以上の金額を支払うことになります。そのため、金銭的に余裕がない男性は絶対に来ることはありません!

金銭的に余裕がある男性は、ケチケチ飲むことを嫌がる人ばかりなので、高級ワインやシャンパンをお祝いの日でもない普通の日に卸してくれることもよくあるんです!つまりお客さん個々が単価が高め!

1回のお会計で10万円以上なんて銀座や六本木の高級クラブでは日常茶飯事♪

それどころか、100万円以上の金額を支払う人だってザラにいます。キャバクラでは、まずありえない金額です…。

高級クラブはお客さん1人1人の単価が高いため、女の子の時給も高くなるという仕組み♡

これは働かなきゃ損ですよね(笑)

③若くなくても需要がある

3つめのおすすめの理由なのですが…若くなくても需要があるということです。

高級クラブには、30代の女性もたくさん活躍しています。ここもキャバクラとの大きな違いのひとつではないでしょうか!?

キャバクラの場合、20~24歳くらいが、働くキャストの平均年齢。(もちろん、お店にもよりますが)

私の年齢…24歳は、実はキャバクラだと年配の部類に入れられてしまうのです。

しかしクラブの場合、落ち着いている人が好まれる傾向にあるため、女性の年齢がたいして若くなかったとしても大丈夫!むしろお客さんには、若くないホステスの方が人気があります。

先輩ホステスでも、「落ち着いていていい」「若い子とは話が合わない」などの理由から、人気がある女性が多いんです!

今後も私は、しばらく副業でナイトワークを続けていくつもり…。そのため、長く働けるお店が良かったんです。

だからこそ、キャバクラではなく高級クラブを選んで良かったと思っています。

水商売での副業は本業にバレないの?

これから副業ホステスを始めようとしている子の中で、不安な要素のひとつが、会社にバレないのかどうかではないでしょうか!?

「もしも会社の人にバレてしまったら…」考えるだけで、ゾッとしてしまいますよね。

でも、大丈夫!結論から言いますと、きちんと対策すればバレることはありません!

私は高校卒業後、ずっと“副業ナイトワーク”を続けていますが、バレたことは一度もないですよ。

バレないためには

具体的に、副業を会社にバレないようにするにはどうすればいいのでしょうか!?

私が気を付けていることを紹介します!

①とにかく証拠を残さない

これは基本中の基本ですが、会社の人には、副業でホステスをしていることを言わない、そしてSNSなどに証拠を残さないということです。

SNSにアップしてしまった画像って意外と残ってしまいます。

また、ブログなどから身バレしてしまうなんてこともあります。

会社の上司の友達がお客さんだった!なんてことだってあり得る話ですよね!?

ふとした時に、自分がアップしたブログの写真を見せながら話題に上がる…なんていう恐ろしいことも考えられなくはありません。

身バレしたくない副業ホステスは、お店のブログを更新したり、自分のSNSにお店のことを書いたりするのは止めておきましょう!

②確定申告では「住民税」の欄に注意する

会社員の場合、会社で確定申告をしてくれるところがほとんど。

その際に“住民税”に気を付けないと、会社にバレてしまうことがあります。

副業を禁止している会社の場合、最悪解雇になってしまうことも…!なので、住民税には、気を付けてほしいものです。

そもそも住民税には、2つの方法があることをご存知でしょうか!?

  • 会社側が支払う“特別徴収”
  • 自分自身で払う“普通徴収”

自分で納付する普通徴収を申告しておくことで、副業の分お給料が加算された住民税の金額を会社側にバレずに済みます。

住民税は年収によって金額が変わってくるため、あまりにも高すぎる住民税は、会社側に副業がバレてしまうリスクがあります。注意しておきたいですよね!

まとめ

  • ホステスである証拠を残さない
  • 住民税は自分で納付する普通徴収を選択

この2つを注意すれば、高級クラブで働くのはメリットばかりですよね?♪

女性は何かとお金がかかるもの。高級クラブで副業ホステスとして働くことをぜひともおすすめします!